FC2ブログ

プロフィール

きままにET.

Author:きままにET.
関東の、風の辿り着く場所(暴風地域?)に住む大学院生(就職未定)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/10 (Sun) 13:39
ラスマスプラチナジャズ2012.6.09

うちの妹さんがプクーとふくれつつも、ラスマスジャズライブ行ってきた。中島愛はすげー細かった。星間飛行のJazz版を中島が歌うのは新鮮で良かった。
スポンサーサイト

2011/01/16 (Sun) 23:34
Colorfly Pocket HIFI C4 pro ファーストインプレション

mp3,wavはちゃんとファイル名順(01 aaa,02 aaa・・・)と表示されるのに、flacでは順番がむちゃくちゃになる。
困ること
フォルダがC4にコピーした順に表示される、タイムスタンプ変更で対応できるか?

WAV(CDよりリッピング)のdbpoweramp(batch)でflac化したNASのもの(MAJIK DS用)を、NASからC4にコピー→鳴る、順番むちゃくちゃ
①LINNのflac(192kHz等)をdbpoweramp(batch)で再flac化→鳴らない、順番正常(LINNのflac)
②LINNのflac(192kHz等)をdbpoweramp(batch)でwav化→鳴る、順番正常
③WAV(CDよりリッピング)のdbpoweramp(batch)でmp3化→01~04が04,02,03,01の順でマルチエンコーディング完了するのを確認→音は鳴る。02,01,04,03で表示される。

④ WAV(CDよりリッピング)のdbpoweramp(batch)でデスクトップにmp3化→デスクトップからC4にFireFileCopyでコピー→順番正常
⑤上と同じファイルをWAV(CDよりリッピング)のdbpoweramp(batch)でC4に直接mp3化→順番むちゃくちゃ
④⑤より、どうもC4にコピーされるタイムスタンプが原因の様な感じ。NASからのコピーだと順番むちゃくちゃだが、HDDからのコピーだと順番正常にもどる。

⑤WAV(CDよりリッピング)→C4で鳴らせて、順番正常
⑥WAV(CDよりリッピング)のdbpoweramp(batch)ape化→C4で鳴らせるが、順番むちゃくちゃ

2011年2月27日追記:UMSSortというソフトで転送後のファイルをファイル名順にソートできた¥。作者様に多謝!

昔HD60GD9やらiModに変換コネクタをかませてHD650が鳴らせないかやってみたが、全く迫力のない音にやっぱり駄目かと納得したが、C4は普通にHD800を鳴らせることができる。しかも、普通に音が素晴らしい。今のHD800はMAJIK DS +アコリババランスケーブル + Headroom BUDA 等で聞いているので、濃いめの音なんだが、その音とは違いスピードのある音で、銀系のケーブルほど耳に痛くもないのだ(まあ、HD800の標準ケーブルだから当然なのだが)。HD650+Dr.DAC2よりはHD800 + C4の方がいいと私は断言できるなうん(HD800のポテンシャルが高いためという可能性は否定できないが)。う~んすこしedtion8がほしくなってきたぞ、冬は耳寒いしな。JH13proを最近購入したんだが、e8にすべきだったか?
FitEar435では背景ノイズ皆無。SR-71A並の背景の黒さだと思う。

転送速度が遅い。USB1.0じゃないよな?と疑うほどに遅い(30GBファイル転送におよそ2時間かかる)

操作性は手の小さい私にはかなりつらい。十字キーもどきを押すのに両手を使った方がよい感じ。レスポンスは悪くはないと思うが、もう少しカーソルの移動速度等を上げてほしい。

木製のフレーム部分で余分な体積を作っている気がする。ただ、連続使用であったかくなっていくそうなので、火傷防止用に作ってあったりして?

続きを読む »

テーマ : オーディオ - ジャンル : 趣味・実用

2009/06/25 (Thu) 17:38
記憶の確かなうちのポータブルオーディオ遍歴2

就活決まらず、悶々中。少し時間が出来るとこうやって魔が差すのよね。
十二国記が面白く読む。新作は出ないんだよね。

研究はSが安定せず、シビア。Fがなくても、日に40のS&Bって無茶だと思う。
しかも、昨日Sやったら、16時超えてSの急激な上昇を見うる。
これは、概日リズムがあるんでないかい?

DAP本体編
七代目以前は記憶の確かなうちのポータブルオーディオ遍歴を参照。

八代目
Red Wine Audio iMod 5.5G
よく考えたら、6Gが出て、なくなるんじゃないかと思って衝動買いしたら、2009年6月19日現在でも普通に売ってる。
限定販売の楽しさと愚かしさよ・・・。
音は、どうなんだろう、常にPHAの音に染まるから、ほとんど意識した事が無い。というか普通のiPodのラインアウト越しのPHAの音を聞いてないから評価できない、なんだかな~。
HD60GD9ECで意地になって創っていたフォルダ構造も既に瓦解、IDtag色一色に染まる。WAVをiTUnesに取り込ませると、STEPのタグが全くつかないのが悩み。ちゃんとつけば、WAVで
家、iModともに、共通の音源を使用できるのに・・・。
電池持ち、操作性、堅牢性とも文句なし。
これを超える音質はHM-801Portable Player PreorderかiMod+単体ポータブルDAC+PHAのみだろうが、ギリギリの携帯性を考えれば、iMod+SR-71Aが当分の私の理想のポータブル環境に違いない。無難無難。

PHA(ポータブルヘッドホンアンプ)編
初代
Ray Samuels Audio Tomahawk
 最初届いた時は、なんじゃコリャー!って思ったね。一般人には、時限爆弾に見えるかもしれない。
 当初はHD30GB9のホワイトノイズを消すために使用。背景の黒さを思い知る。

二代目
Ray Samuels Audio Predator
 RSA街道まっしぐら。キレのいい音、打ち込み系の歯切れの良さは、聞いてきたPHAの中で一番良かった。
 50時間以上に及ぶ連続稼働時間は驚異の一言。DACはやっぱりいらない子。DACの音質良く、ネットブックが早くはやっていればもっと評価されたかも。

三代目
 HeadAmp Pico
 時代の寵児。Predatorと違って定価以上でヤフオクで売れてしまったニクイやつ。中域がふくよかで、これでARIAを聞くと、それはそれは眠くなる。普通に良すぎて、Predator残し売ってしまった。イヤホンで特性が近いのはE500PTH(SE530)かな。関係ないが、最近父が須山さんとこでE500をカスタム化した。もちろん私がけしかけた。早く帰って聞かせてほしいもんである。

四代目
 Ray Samuels Audio SR-71A(現役)
 シリアルNo.35。何となくだが、小学生のマラソン大会の順位36が良かった。両肩に広がる自然な音場、実にスムーズな音の繋がりの万能選手(打ち込み特性はPredatorの方が上だが)。
 現在の電池は、AcciuPower8.4Vがお気に入り。これで聞くとMAHA 9.6Vと比べ、高域がふくよかで、低域もいい具合にしまっている。
 迅速に品を届けてくれるRayさんはすげー人だが(PHA業界では品待ちをするのが商慣例になってる気がする。XinとかHeadAmpとか)、一度なくしたナットを注文した時、AccuPowerがあるかと聞いたのに売ってくれた電池はTysonicだった。少し残念。

5代目
 Qables iQube(売却)
 時代の超寵児。蓋開けずずらい、ヘッドホン&ラインインの場所が逆と構造的欠陥が多い品だが、音は疑似フルデジタルアンプのためか秀逸。疑似デジアンのため、HD60GD9EC同様、ホワイトノイズが乗る(故に本来カナルで使いにくい)が、これで聞く生音、ライブ物は本当に素晴らしい。71Aでピアノを聞くと、あんまりおもしろみがないのだが、iQubeで聴くとその場にいるような臨場感が味わえる(これが解像度が高いということか?)。音全部が伸びすぎず、足りなさ過ぎず、全体で迫ってくる感じ。
 またまた、そういえば、SONYの新DAP NW-Xシリーズ、デジアン搭載ということで、人によってはかの名機MZ-RH1を超えたとおっしゃる人もいる。また、同様のデジアン機HD60GD9ECは超えて無いとも。同様に、71A、iQubeにはかなわないと言ってる人もいる(当たり前か)。
 この前千葉のヨドで聴いてきたが、NW-HD1と比べると随分音が進化してると感じた。iPodは確実に超えている。低音が少し、強い気がしたが、UE-11で試聴して低音が弱いということはありえまいが。ワンセグとかいらないので、NW-X→NW-XX→NW-XXX(エロイ)高音質化を期待。

ミニミニケーブル、Dockケーブル編 
※ケーブル類は、全て所有。売っても大した金額にならんしね。

初代
 Belden 82761ミニミニケーブル
 PHA界草創期のDockケーブル職人JSさんに依頼。おいらが無理矢理GD9+Tomahawkに合わせぐいと曲げたのが悪いのかプラグ部分で断線。再度TOMOCAのプラグで作り直してもらう。今でこそオーグラインだなんだと高級ケーブルが沢山出てきたが、この頃は自作では、MOGAMIやBeldenがほとんどだった気がする。
 ふと思いついたので1つ→57577?→大学院、弁当朝買い、夜食べる、弁当具ズレの、ああむなしさよ

 二代目
  MOGAMI2534 ミニミニケーブル
 Audiotrakにて購入。Dockケーブル界のstandard(でもあんまり最近見ない)。モニター長といわれても、よくわからん。すぐに断線気味に。プラグがパカッとはずれるので、中身を見て、自作を思いつく。

 3代目
   CANARE 4S?自作ミニミニケーブル
   アキバのTOMOCAがさっぱりわからなかったので、似てた4芯ラインケーブルを購入。ガムテープで被覆してますよ(笑)。
   中学以来のハンダごてはかなり楽しかった。

  4代目
  MOGAMI2534 自作ミニミニケーブル
  偉大なる先陣達の知恵を借り、被覆を切り、中のケーブルのみ使い作成。
   
 5代目
  Gothman ?自作ミニミニケーブル
  価格comの満天さんの記事を読み、自作。あんまりパッとせず。

 6代目
  オヤイデ 銀単線?mm 自作ミニミニケーブル
  銀が固い!元気な音が出る(うっさい)。銀の凄さ(恐ろしさ)を実感する。

 7代目
  AudioLineOut 銅線(名称?)
  プロの作り。超無難。

 7.5代目(売却)
  Qables Goldcab
  4万超えるケーブル。電線病ここに極まれり。
  音の違いがあまりわからず、挫折。明確な音の変化を求めるならオーグなどが良い。
  一回断線して、保証なくなった時の修理代が怖くなり売却。

  8代目
   武藤製作所 オーグラインプラチナ(オーグPt) 自作ミニミニケーブル
   究極の一が欲しくなって自作。ハンダをプラチナゴールドニッカスに変える。被覆は研究室にあった古い輸液チューブで素晴らしく良く曲がる。よく伸びる高音、程よい低音、全体の情報量は半端なく、かつスッキリ(白とんこつラーメン?)。低音強化の為、より太いオーグでまた自作してみたい。UE-11+SR-71A(Accupower8.4V)+オーグPtで楽しい打ち込み試聴環境のできあがり。

9代目
  AudioQuest CV.4.2 6N単銅線 自作ミニミニケーブル
オーグPtがスッキリ耳に届きすぎて痛いことがあるので、銅線を強化すべく自作。低音が多くなり、全体として、耳に迫ってくる(但し、低  音が丸みを帯びる)。CV.4.2は中の線毎に太さが違うそうな。左耳が先に音量上がるのは、もしやLチャンネルの方が太い線材を使ってし  まった?FitEar435+71A(Mid、Accupower)+CV4.2で須山でも、暖かく且つ力のある低音が楽しめる。
 
  
イヤホン編
 
 9代目
 須山補聴器 FitEar435
 ええそうですよ。FitEar323よりドライバー数多くなるから買ったんですよ、悪いka!
 音は、中高域に山があり、綺麗なバイオリン、女声などを聴かせてくれる。低音が弱いと思われるが耳疲れしないからこれはこれでいいと 思う。低音をアンプなどで補うことで万能性を増すのもあり。雌雄の雌。
 ちなみにカスタム品であるはずのFitEar323はお嫁に行きました。とういうか何故にYさんは、僕の耳型を平気で使うことが出来るのか?

 10代目 UltimateEars UE-11 PRO
 ええそうですよ、打ち込み聴きたいんですよ、悪い蚊!
 当初、低音が凄まじかった(m902+Edition9のような低音)71AでMAHA9.6Vを使っていたせいかもしれない。今はAccupower、オーグPtの構成で落ち着き、程よい低音を聞かせてくれる。空間表現は少し、高音、低音はかなり須山を凌駕している感がある(おかげで耳疲れはしやすい)。表面ツルツルシェルの弊害か、モールドと耳の隙間が大きく、遮音性が少し低いと思う。モールド全体でFitする須山の方が私は好き。シェルの堅牢性はUE>須山(2度ほど割る)。ケーブルの取り回しやすさは須山>>>UE(むちゃくちゃ絡まる。このためだけにリケーブルしたいくらい)。総合力の須山、王道の音UEといったところか。
 
 そして伝説へ・・・じゃなかった。そして購入してみたいもの

 JH Audio JH-13PRO
 恐らく世界初の6ドライバーカスタムイヤホン。高中低に2基ずつ装備。んなの1基ずつでいいじゃないかとも言われるが、
国内の群雄達は続々とJH-13にアタックしてル模様(ちなみにおよそ10万とうん万円)。ちくしょー俺も就活終われば逝ってやる!



ヘッドホン編
2代目Ultrassone Editon9
  一聴してわかるその超性能。凄すぎて、気合いを入れて(:側圧キツイ)聴かないと音を楽しむ余裕がなくなるヘッドホンだが、我が家の伝家の宝刀的存在になってます。

3代目 audio technica ATH-W5000
 Edition9とはる意味対称的なヒーリング音楽専用機。ハウジングで独特の反響をするので、エコーがかかったような音になる。HA5000は元気な音を出すアンプだからいいが、m902だとドライすぎてつまんないヘッドホンを化す。

将来的に
 よくよく考えると、深夜の静かな時に、ヘッドホンを使う事がおおいので、HD650のような開放型に
回帰するのもありかなと考え中。HD800とかSR-007Aとか夢はつきない。

ヘッドホンアンプ編
2代目 m902(売却)
 アナログ部は凄い。DAC部はもう少し。PCとの相性はいいんだけど。

3代目 audio technica HA-5000

将来的に
 第一通信工業 M-81とかが、格好良さげできになる

サウンドインターフェイス編
初代
 ONKYO SE-200 PCI(売却)
 まず、ノイズが乗らなくなったのが収穫。他聴いてないので、よくわからなった。

2代目
 Lynx L22
 90円を切る円高の中購入(UE-11も同様の理由)。ONKYOより、力強さが増し、濃厚さが増す。
 これ以上だと2桁万円するから当面は、こんなもんかと。先にPCを静音化しないと駄目だな。

2008/08/14 (Thu) 20:30
当てにならないEdition9、W5000、m902、HA5000比較

お盆という事で14日より実験はありますが、WBはしばし無しということで午前中のみ学校あります。
いや~良かった良かったw

e9&m902があまりにリアル過ぎるので、m902を売却し、W5000とHA5000を導入することになりました。

午後時間がで出来たので、m902の音をしっかり耳に焼き付けるため、
HP&HPAの比較などしたいと思います。
私はまだ音場、音圧、解像度などの表現がどんな音を指すのか掴みきれていないので、Webに書いてある落書きと思ってあんまり見なくて結構です。
やっぱり試聴は大切だなと最近切に感じてます。



・試聴環境
ドスパラで買った普通のPC→
SE-200PCI(再生ソフト:Frieve Audio、ASIO4LL、88.2kHzまでアップアサンプリング後48kHzまでリサンプリング)
→RCA(:安物SONY)→m902(クロスフィードOFF)orAT-HA5000



・audio-technica ATH-W5000(W5000)
長所
装着感が軽くて気軽に聴ける
短所
木部に傷をつけたら悶絶もの

・ULTRASONE Edition9(e9)
考慮点
装着感は人それぞれ(ガッチリ挟まれるため自分の世界にトリップできる。しかし頭が少々痛い)

・GRACE DESIGN m902(m902)
長所
最高級ヘッドホンアンプながら小型
接続端子の豊富さ(後々の拡張性)
プリメインアンプ(音量調節可能)として繋げるので、RCA→m902→RCA→miniジャック→PCモニターがうちでは可能
スッキリデザイン
短所
価格が高い
DACがノッペリ(:モニター)ちっくであまり聴く気がしない
考慮点
高機能(中古で買ったため、英語の取説を読むのに一苦労)


・audio-technica AT-HA5000(HA5000)
大きさそこそこ
RCA入力&ヘッドホン出力だけの簡単設計
長所
回しやすい安定した音量ノブ
短所
入力がRCAだけなので、後々のグレードアップに不安(XLRとかの方が音質良さそう)
前面木部に傷を付けたら悶絶しそう
考慮点
ヘッドホン端子が奥に窪んでるので、短めのmini→標準変換モジュール端子だと取れない
(HA5000付属の端子なら大丈夫)


・e9 with m902(e9の長所(解像度&キレのある低音)を伸ばす意味で好相性、リラックスはできません。気力がある時の構成)
試聴曲
ポップス(アニソン)
マクロスF O.S.T.1 娘フロ。/02-Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage).wav(WAVE)
△サビで女性ボーカル高音(サ行のキツさ)がグサグサささる。低音が相まってステージ感はよく出てる。

Fusion
CASIOPEA vs THE SQUARE THE LIVE!! DVDよりWAVRIP/21. MIDNIGHT CIRCLE.m4a(ALAC)
○ライブの臨場感が出てて良い。ベースの低音でピアノを邪魔していない。

JAZZ
When Your Wish Upon A Star[MALTA]/09-Can You Feel The Love Tonight.m4a
△トランペットの抜けがもうちょい欲しい。

打ち込み
Over the sky[同人音楽サークル LOVEマシーン]/01-ヴォヤージ1969.mp3(192kbps CBR)
○低音をビシビシ決めつつも、高音のピアノの綺麗に出す分離感の高さは流石

バイオリン
TAMUSICコンサート~東方編~[同人音楽サークル TAMUSIC]/01-上海紅茶館.m4a
△分離感は良し。艶不足

静かなピアノ
Re-Feel Kanon AIR Piano Arrange Album[key]/06 夏影.m4a
△随分濃厚な夏影だなと。音が耳に迫りすぎかなと。

テクノ&トランス
Lovelight[同人音楽サークル Alstroemeria Records]/02-Bad Apple!!.mp3(192kbps CBR)
○低音がビシビシ決まってこれ以上の組み合わせはないと感じる。あ~目が回りそう

生音(アコースティック)
生音主義 the Live in GMF in summer 2004[同人音楽サークル 生音主義]/03-pure snows (Kanon/Key).m4a
○△終始、ホワイトノイズが乗る。低音のギターは腹に響いてよいが、高音のフルート(?)が少し耳に痛い。リアル過ぎか?

ロック
幻想事変[同人音楽サークル 岸田教団]/07-ネクロファンタジア.m4a
◎ノリの良さでこれまた良し。女性ボーカルが刺さるがそもそもロックは刺さってなんぼなのでこれでいいのだ!



・W5000 with m902(基本抜けが良いので軽く聴きたい時に。全体的にボーカルが曲と分離してしまう印象がある)
ポップス(アニソン)
マクロスF O.S.T.1 娘フロ。/02-Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage).wav(WAVE)
△女性ボーカルが浮く。ボーカルのサ行のかすれは少しある。

Fusion
CASIOPEA vs THE SQUARE THE LIVE!! DVDよりWAVRIP/21. MIDNIGHT CIRCLE.m4a(ALAC)
○△e9より空間が広がる。ベースの重さはない代わりにピアノの追い駆けっこが軽やかになりこれもいい

JAZZ
When Your Wish Upon A Star[MALTA]/09-Can You Feel The Love Tonight.m4a
○△モニター的に感じる、少しノッペリ。もう少し音楽的に鳴らすことができるんではないか→ATH-W5000 with AT-HA5000

打ち込み
Over the sky[同人音楽サークル LOVEマシーン]/01-ヴォヤージ1969.mp3(192kbps CBR)
○そもそもこの曲はピアノの綺麗さを楽しむものなのでそこはオーテクの得意分野。低音は必要量だけでてます

バイオリン
TAMUSICコンサート~東方編~[同人音楽サークル TAMUSIC]/01-上海紅茶館.m4a
○バイオリンの高音がほどよく伸びる。

静かなピアノ
Re-Feel Kanon AIR Piano Arrange Album[key]/06 夏影.m4a
○E9より空間の広さを感じられスッキリする。夏影はこれくらいが清楚でいい感じ。

テクノ&トランス
Lovelight[同人音楽サークル Alstroemeria Records]/02-Bad Apple!!.mp3(192kbps CBR)
△低音はE9よりジョブが軽い。なんか女性ボーカルが曲から浮いてる。

生音(アコースティック)
生音主義 the Live in GMF in summer 2004[同人音楽サークル 生音主義]/03-pure snows (Kanon/Key).m4a
△ステージ上のギターソロを遠くから聴いてる感じ。もう少し近くで聴きたいもんだ。低音が腹に響かんのでイマイチ。
ロック
幻想事変[同人音楽サークル 岸田教団]/07-ネクロファンタジア.m4a
△抜けが良いのである意味良いんだがノリがいまいち。ボーカルの分離が惜しい。


・e9 with AT-HA5000(解像度が下がる。HA5000の丸みを帯びたつられて音が丸くなる。そのおかげか聞きやすくなる)
ポップス(アニソン)
マクロスF O.S.T.1 娘フロ。/02-Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage).wav(WAVE)
○△中域ボーカルが前面に出てきてシェリルの歌声が存分に楽しめる。ライブ感が減退する。高域のキツサが減退する。

Fusion
CASIOPEA vs THE SQUARE THE LIVE!! DVDよりWAVRIP/21. MIDNIGHT CIRCLE.m4a(ALAC)
△音の広さ減退。低音が多少減る。バランスは取れてるがおとなしすぎてつまらないかも。

JAZZ
When Your Wish Upon A Star[MALTA]/09-Can You Feel The Love Tonight.m4a
△トランペットの音にノレてくる。

打ち込み
Over the sky[同人音楽サークル LOVEマシーン]/01-ヴォヤージ1969.mp3(192kbps CBR)
△ビシっと決まる低音がm902より減少。トリップ度ダウン。

バイオリン
TAMUSICコンサート~東方編~[同人音楽サークル TAMUSIC]/01-上海紅茶館.m4a
○バイオリンの艶が出てきて良い。耳に刺さらないので良い。

静かなピアノ
Re-Feel Kanon AIR Piano Arrange Album[key]/06 夏影.m4a
○ほどよく濃厚。高音も刺さらず良い。

テクノ&トランス
Lovelight[同人音楽サークル Alstroemeria Records]/02-Bad Apple!!.mp3(192kbps CBR)
○もともと低音が凄い曲なので、ボーカル中域が前面に出てくることでトリップ度がアップ。

生音(アコースティック)
生音主義 the Live in GMF in summer 2004[同人音楽サークル 生音主義]/03-pure snows (Kanon/Key).m4a
○フルートに艶が出てくる。低音も必要量。ホワイトノイズはm902同等。分離感も良し。

ロック
幻想事変[同人音楽サークル 岸田教団]/07-ネクロファンタジア.m4a
○ボーカル中域が前面に出てくることで曲にノレる。メタルのキツさが減退するがボーカルが楽しみたいならこちらが良い。



W5000 with HA5000(m902で少なく感じた低音が多少増えた気がする。女性ボーカルの浮きはW5000固有のものらしい)
ポップス(アニソン)
マクロスF O.S.T.1 娘フロ。/02-Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage).wav(WAVE)
△女性ボーカルの浮きが多少減衰するが、まだ曲と分離している。低音の強化からm902よりは聴感は上昇

Fusion
CASIOPEA vs THE SQUARE THE LIVE!! DVDよりWAVRIP/21. MIDNIGHT CIRCLE.m4a(ALAC)
○ライブ感宜し。低音は多少増えるがベースの強さはあまり感じない。

JAZZ
When Your Wish Upon A Star[MALTA]/09-Can You Feel The Love Tonight.m4a
◎トランペットが実に気持ちよくノる。

打ち込み
Over the sky[同人音楽サークル LOVEマシーン]/01-ヴォヤージ1969.mp3(192kbps CBR)
○綺麗系トランスの軽やかなベースに乗っかるピアノの響きの良さは、正に私が高校生の時に聴いたaudio-technica ATH-EM7の音に繋がる。これだからオーテクはやめられない。

バイオリン
TAMUSICコンサート~東方編~[同人音楽サークル TAMUSIC]/01-上海紅茶館.m4a
◎バイオリンの高音がむちゃくちゃよく伸びる。

静かなピアノ
Re-Feel Kanon AIR Piano Arrange Album[key]/06 夏影.m4a
○高音が少し伸びすぎかな、いやでもいいか。

テクノ&トランス
Lovelight[同人音楽サークル Alstroemeria Records]/02-Bad Apple!!.mp3(192kbps CBR)
△低音は必要量まで達する。ボーカルは未だ浮いてる。

生音(アコースティック)
生音主義 the Live in GMF in summer 2004[同人音楽サークル 生音主義]/03-pure snows (Kanon/Key).m4a
△ステージ上のギターソロを遠くから聴いてる感じ。もう少し近くで聴きたいもんだ。低音が腹に響かんのでイマイチ。

ロック
幻想事変[同人音楽サークル 岸田教団]/07-ネクロファンタジア.m4a
○HA5000の元気よさのおかげか聴けるレベルに。抜けよくノれる。



現在の環境
SE-200PCI→RCA→AT-HA5000→e9、W5000

理想環境(現実を知るにつれ、どんどん空しく感じてきたよ・・・)
PC(Project-2 Suono supremoかSoundFidelity Model-1かikeon PCM-S1)
 →Lynx L22かRME HDSP9632、Fireface 400(外部クロックとかいうのも付けるかな?)
 →DAC(PS AUDIO Digital LinkIIIかBenchmark DAC1、CHORD DAC64Mk2は行き過ぎか?DACの特徴は掴みきれていないので思案中 )
 →①or②or③

 ①m902→e9(打ち込みなど元気の良い系統)
 ②AT-HA5000→ATH-W5000(アコースティックなどリラックス系統)
 ③ドライバーユニット→Ω2(クラシック専用系統)

テーマ : オーディオ - ジャンル : 趣味・実用

2008/08/14 (Thu) 20:18
ここまでできる! オーディオ&ビジュアルPC自作

ここまでできる! オーディオ&ビジュアルPC自作/技術評論社

AVPCとPAPC(ピュアオーディオPC)それぞれについて、各パーツ選定を含め詳しく書いてあります。
AVPCは作る気がないので、半分は全然真面目に読んでないのですが、PAPC部は本格的に組むなら結構役立ちそうです。
個人的には、サウンドインターフェイスの内容がわかり、後の製品選びに役立ちそうで良かったです。

ただ2006年発売なので、PCケース販売元の高速電脳が潰れるなど、いくつかない製品があります。
ですので、また新しい情報を仕入れるべく新しいオーディオ本を探したいところです。

テーマ : オーディオ - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。