FC2ブログ

プロフィール

きままにET.

Author:きままにET.
関東の、風の辿り着く場所(暴風地域?)に住む大学院生(就職未定)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/28 (Mon) 00:09
森見登美彦三作品

森見登美彦三作品

近況

今日は一日オークションの返事やら、iModのFemale Dockはないかと探し回ったりしたりで12~16時くらいを過ごす。その後全然読み終わってなかった四畳半神話体系を読み終えて18時になり外食しに行く。か○んの焼き肉はうまかった。

帰ってオーディオケーブルの作成にとりかかる。
気付けば今0時まえ。卒業試験は水曜日。さて大丈夫か俺?

・本の事

時間ないので手短に

太陽の塔/森見登美彦/新潮文庫
主人公「私」が、水尾さんに対して研究と称するストーキングを行うなかでの珍道中。
解説においての本上さんの『「ライ麦畑でつかまえて」etcの様に男の子の青春私小説はいつだって孤独でせつないんです。』という言葉に対し、なるほど、この話の不毛・捻くれっぷりは京都版「キャッチャー・イン・ザ ライ」だからなのかと納得しました。

きつねのはなし/森見登美彦/新潮社
きつねのおめんetcに纏わる短編が4つ。話が少しずつ繋がっていて、森見さんの小説を追っかけてる人にはある意味楽しい内容です。けれど、本全体は京都の神秘さを書いた大まじめな本となっています。読み終わった後の印象は、「千と千尋の神隠し」で千尋が後ろを見ながら車で去っていくシーンのそれに似ている気がします。

四畳半神話体系/森見登美彦/太田出版
「夜は短し歩けよ乙女」にも登場の樋口・羽貫さんも登場。全四編中、「私」は、意味不明なサークルetcに所属し、それぞれのストーリーでのifのストーリーを展開を展開していきます。ジョニーも大活躍な一冊。完璧にお馬鹿路線ですが、こういうのは読んでいて本当に楽しい
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 自作ケーブル オヤイデ製純銀裸線8mm ミニミニケーブル(23cm) | ホーム | Fate/Zero フェイト ゼロ Vol.4 煉獄の炎/虚淵玄/TYPE-MOON BOOKS >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。