プロフィール

きままにET.

Author:きままにET.
関東の、風の辿り着く場所(暴風地域?)に住む大学院生(就職未定)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/25 (Wed) 20:38
どくしょ日記080625

・殺人を呼んだ本 -私は図書館-/赤川 次郎
 若干キャラこの推理物ちょい不思議系。最後までうだつの上がらないヒロインのボーイフレンドが泣ける。

・理由あって冬に出る/似鳥 鶏
 キャラでグイグイ押してる感は否めないが、ライトな推理物としてはこの姿が楽しいよワトソン君。しばらくは似鳥雛と間違って読んでいたのは、君と僕の秘密さw

・人民は弱し 官吏は強し/星 新一
 星薬科大学、星製薬の創設者、星一の官吏との戦い。減ることのない役人の無駄遣いぶりや傲慢ぶり、理不尽さをみるに星一のこの言葉はまだまだ生きているように感じる。
 ちなみに、星薬科大学にも日本大学にも慶應義塾大学から薬学部の話があったそうなうちの薬剤のT先生が言ってた。俺も慶應BOYになりたかったな~。

・腐女子化する世界/杉浦由美子
腐女子、BL、自身がない物語の中で美男子を楽しむ(男性であるオタクは物語に自身を感情移入させる)バブル崩壊→生活の為働かなくてはならない女性(:専業主婦を求める女性も多い)→格差社会、正規・派遣とともに男女格差→面白みのない現実→物語の中くらいは現実的感覚を忘れたい(故に自身はいらない)→腐女子の誕生(世間に認められなくても、腐女子の間で認められればよい)
 
・ともだち刑/雨宮 処凛: 本
反論したいのにできない、冷や汗のでる感情表現はすごくわかる(先生に怒られた時は頭が真っ白になるもんな~)。それが慢性的に続いたら俺だって何するかわかんないよ。陰鬱になれる良作。



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< オーディオ雑記080707 | ホーム | オーディオ雑記 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。